カメラ目線でお願いします。

個人的な、いきもの図鑑。

もっと、大きいフクロウ、他にいると思うんですよ。

f:id:hirao17:20210727024214j:plain

オオフクロウ@ネオパークオキナワ

意外と、そんなに大きくない、

オオフクロウさんです。

だって、カラフトフクロウとか、

シマフクロウとか、

ワシミミズク系のみなさんとかの方が、

大きい気がするんです。

なんで、オオフクロウなのかな。

そして、メガネフクロウよりも、

メガネ感あるとも、思うんですよね。

 

ネオパークで、いつの間にか、

バード―ショーが行われるようになってて。

飛んでる鳥を取る技術がない自分としては、

バードショーは、助かるのです。

それでも、何十枚も撮って、

ピント合ってるの、数枚ですけどね。

ほんと、動いている被写体を撮るの、

下手くそなんです。

確かに、青くて細いです。

f:id:hirao17:20210726025727j:plain

アオホソオオトカゲ円山動物園

見たままの青くて細い、

オオトカゲさんです。

体長1メートルくらいになるそうです。

オオトカゲにしては、

小さいのかな?

っていうか、オオトカゲって、

コモドさんイメージするから、

1メートルじゃ小さいって、

感じるだけかな。

 

っていうか、アオホソよりも、

かぎ爪の方が気になります。

そして、ほんのりピンクの、

たらこ唇も気になります。

これが唇なのかどうかは、

よく分かりませんが。

やっぱり、トカゲ系のみなさんは、

よく見ると、かわいいです。

しかも、カメラに目線くれる率、

高い気がします。

寝起きなんですけど、なにか用ですか。

f:id:hirao17:20210725023539j:plain

シマハイエナ@羽村市動物公園

起こされて不機嫌な感じの、

シマハイエナさん。

ハイエナって、

死肉をあさるから、

悪者感あふれるイメージですが、

意外と、犬っぽくて、

可愛いですよね。

まあ、実は、

犬よりも猫に近いんですけどね。

 

珍しく、シマシマ感がちゃんと写っていて、

図鑑的要素ある感じに撮れました。

もうちょっと引いて、

体全体写るように撮ればよかった。

まあ、その辺が、

僕レベルの限界でしょう。

かわいくて、かっこよくて、なんかずるいです。

f:id:hirao17:20210723014918j:plain

オーストラリアイシチドリ@多摩動物公園

かわいくも見えるし、

かっこよくも見えるし。

なんか、二物を与えられてる感じで、

ずるいですね。

若手のジャニーズみたいじゃないですか。

←すごい偏見。

 

オーストラリアイシチドリさんです。

チドリ目イシチドリ科の在籍です。

しかし、チドリ目のみなさんって、

エトピリカやツノメドリのような、

珍鳥系のみなさんから、

カモメやウミネコのような、

メジャーなみなさんもいて、

そして、このイシチドリとか、

シギさんみたいな、

地味目なみなさんもいて。

だいぶ、バラエティー豊かですね。

今はやりの、多様性が調和している、

社会のようで、何よりです。

 ←ちょっと何言ってるか分からないですけど。

真っ赤なお鼻なんて、幻想ですよ。

f:id:hirao17:20210722020130j:plain

トナカイ@羽村市動物公園

寒いと人間は、

鼻が赤くなったりするけど、

この方の鼻も、

寒いとほんとに赤くなるのかな。

 

ってことで。

真っ赤なお鼻で有名な、

トナカイさんです。

いや、赤くなるわけ、

ないような気がしますが。

と思って調べて見たら、

やっぱり基本は赤くないようです。

ただ、鼻の欠陥が充血したりすると、

赤く見えるようです。

ふーーん。

 

ちなみに、あの曲の英語詞では、

トナカイさんにはルドルフという名前がついていて、

赤い鼻は、さらに、

光るのだそうです。

さすがに、それは、幻想ですよね。

頑張って、クジャクっぽくなってみました。

f:id:hirao17:20210720232708j:plain

ハイイロコクジャク久留米市鳥類センター

いや、これはこれで、

けっこう美しいと思うんですよね。

胸張って、コクジャクとして、

生きていっていいと思いますよ。

 

ということで。

ハイイロクジャクさん。

好奇心が強いのか、

威嚇なのか、

おりの目の前まで寄ってきて、

こんな感じに。

奥に行ってくれれば、

もうちょっときれいに撮れるのに。

しかし、どんな進化なんでしょう。

この灰色地に光沢紫の模様。

やっぱ、進化はロマンですよね。

もうちょっときれいなとこで暮らしたいんですけど。

f:id:hirao17:20210720023844j:plain

キバラクモノスガメ@野毛山動物園

水槽?の壁をはっている、

キバラクモノスガメさん。

水槽?をきれいに掃除するのも、

大変なんだろうな、飼育員さん。

でもこれをきれいにするだけで、

格段に展示がきれいになるのに。

汚れにくい水槽?とかないんですかね。

 

黄色い腹なのは、この写真でも、

なんとなく分かります。

が、蜘蛛の巣っていうのは、

甲羅の模様を指しているようで、

それは、まったく分かりませんね。

あいかわらず、図鑑的価値、ありません。

でも。

この表情が気に入ったので。

だって、マンガみたいじゃないですか。

カメラ目線とへの字口と、

なんかリアルな鼻の穴。

なんか、感じ悪いカメラ目線です。

f:id:hirao17:20210717223434j:plain

ラマ@東武動物公園

ラマさんです。

リャマさんとも呼ばれてます。

スペイン語では、llamaです。

大学の第2外国語がスペイン語だった、

自分の知識をフル活用すれば、

スペイン語でエル二つ並べたつづりの音は、

リャだったりジャだったりで聞こえるのです。

だから、この動物さんも、

リャマとかジャマとか呼ばれてます。

ラマは、学名のLamaからきたのかもしれません。

 

はい。

だいぶ、どうでもいい知識をひけらかしました。

まあ、つまり、南米で暮らす、

ラクダ系のみなさんです。

ラマもグアナコもアルパカもビクーニャも、

みんな同じに見えます。

その程度の見識で、

ラマの呼び名のうんちくをひけらかしました。

ほんとに、すみませんでした。

腹筋、きたえてますが、なにか。

f:id:hirao17:20210715224505j:plain

シロビタイムジオウム@福岡市動物園

器用に足でぶら下がって、

無理な体勢でのカメラ目線、

ありがとうございます。

シロビタイムジオウム先輩です。

 

このブログを書くにあたって、

シロビタイムジオウムさんとか、

いろいろググっていて、

衝撃の事実を知ってしまいました。

ムジオウムさんって、

以前に掲載しているタイハクオウムさんの、

別名だったんですね!

ムジオウムとシロビタイムジオウムが、

同種なのかどうかは、

よく分かりませんが、

もしかしたら一緒なのかな。

万が一そうだったら、

この前のワニさんに続いて、

同じ種で2度目の登場になります。

 

いやあ、驚いた。

以前から、タイハクオウムさんと、

シロビタイムジオウムさんって、

どうやって区別するのかなーって、

思っていたんですよね。

そりゃ、似てるわけだ。

獲物を見る目でにらまれました。

f:id:hirao17:20210714183112j:plain

ジャガー黒変種)@平川動物公園

下の方から、

獲物を見る目でにらんできた、

黒変種ジャガー先輩。

いやー、迫力あります。

ネコのお座りポーズですが、

それでも迫力あります。

 

平川さんには、

ジャガーだけでなく、

ヒョウの黒変種もお住まいです。

そもそも、似ている両者ですが、

見分けるポイントの模様が、

黒変種ではほぼ見えないので、

もう、同じ生き物に見えてきます。

いずれ、ブラックパンサーさんも、

ご紹介します。

「なんか見られてる?」「そうみたいですね」。

f:id:hirao17:20210713184155j:plain

エンペラーペンギン名古屋港水族館

カップルなのか、

終始寄り添っていた、

エンペラーペンギンさん。

しかし、

恰幅がいいですね。

プニプニしてそうで、

枕にしたくなります。

 

エンペラーさんと、

キングさんは、

似てますよね。

っていうか、名前が紛らわしい。

皇帝と王さまって、

日本人では区別、実感できないですよね。

天皇はエンペラーですけど、

王様との違いはなんなのか。

ヨーロッパの王様と皇帝の区別も、

つきません。

 

いや、ペンギンとぜんぜん関係ないですね。

なんか、目つきがエロいです。

f:id:hirao17:20210712222732j:plain

バンデッドテグー@ノースサファリサッポロ

自分のメモによると、

このトカゲさんをバンデッドテグーと、

記録しているんですが…。

ほんとに、テグーなのかなあ。

と、きわめて無責任な疑問がわいています。

ほんと、動物図鑑、失格です。

しょせん、そっち方面は素人なんで、

許してください。

でも、以前に載せたレッドテグーとは似てるし。

でも、イグアナにも見えてくるし。

あー、もう分かんない。

 

そんな、どなたか分からない、

トカゲさんに対して、

目つきがエロいとか、

失礼極まりないですね。

すみませぬ。

でも、やっぱり、

いい表情してるから、

この見出しで登録させていただきます(笑)。

すみませぬ。

森に住むイケメンです。

f:id:hirao17:20210711013700j:plain

ドール@ズーラシア

キリっとした顔立ちのイケメン、

ドール先輩です。

森林の用心棒的な。

用心棒という観点で見ると、

ちょっと三船さん的な、

渋さも感じられます。

 

別名アカオオカミ。

いうほど、オオカミっぽくはないけど、

でも、どう猛なようです。

シカとかイノシシとか襲って食べるだけでなく、

他の動物が狩った獲物の死骸とかも、

食べるそうです。

荒くれもの感、だいぶ強めです。

なんか、悪い奴感、満載です。

f:id:hirao17:20210709235827j:plain

ミドリコンゴウインコ@伊豆シャボテン動物公園

いや、たまたま、

目がこんな感じになった瞬間に、

シャッター切った僕が悪いんです。

すみません。

奥にいらっしゃる方はお休み中ですが、

たぶん手前の方も、

寝起きで機嫌が悪いだけだと思います。

←ぜんぜん、違うと思います。

 

ということで。

ミドリコンゴウインコさんです。

コンゴウインコさんたちは、

でかくて、それだけで迫力あるのに、

顔がピンクで、しかも、

歌舞伎役者みたいな隈取りもあって。

それで、こんな目されたら、

ほんと、ちょっとびびります。

すみません、うそつきました。

とってもいい表情、

ありがとう!

って思ってました。

これだから、動物園で写真撮るの、

楽しいです。

まったりしてちゃ、だめですか。

f:id:hirao17:20210709020417j:plain

シロヒゲオグロヌー@伊豆アニマルキングダム

真っ黒の顔に、

白いおひげがチャームポイントの、

シロヒゲオグロヌーさんです。

まあ、ひげというか、

胸元まで伸びてるから、

前に生えてるたてがみみたいな、

感じなんですけどね。

 

ヌーといえば大移動ですが、

このシロヒゲさんも、

百万頭以上の大群で移動するみたいです。

百万頭でお引越し。

すごい慣習です。

でも、動物園で暮らしている方たちは、

その移動の本能はうずかないんですかね。

俺たち、ずっとここにいていいの?

みたいな。

引っ越しの準備とかしなくていいから、

こうやってまったりしてるんでしょうか。

←違うと思う。